痛い!?包茎?!

男性なら包茎の正しい知識をもとう

男性特有の悩みに包茎があります。日本人の8割が包茎という調査結果もありますので、軽度の包茎は異常ではありませんが、重度の包茎は衛生面でも悪影響があります。陰茎に痛みを感じることが多くなったら一度は専門の外科で診察してもらい、自分の陰茎の状態について正しく教えてもらう事が大事です。
なかなか人に話し辛い事でもありますので、正しい知識を持っている人は意外と少ないのが現状です。間違った知識で病気になったり、パートナーに細菌を伝染させることになったら大変です。自分のためだけでなく、大事な人のためにも包茎について正しく知り、場合によっては手術する事も考えましょう。
手術する時にもクリニック選びなど、知っておくべき事が幾つかあります。

早い方が良い!正しい包茎の治療とは?

亀頭が全く露出しないタイプの重度の包茎の場合は包皮と亀頭の間に垢が溜まり雑菌が繁殖し、炎症を起こすと包皮が癒着する事が考えられます。この癒着が起きた状態では手術が難しくなり料金も高くなってしまいます。
真性包茎の方は早めにクリニックで診察してもらい、手術をお願いする事をお薦めします。
また、クリニック選びのポイントとしてもっともシンプルな手術方法を行っている、実績のある外科医院を選ぶようにします。雑誌などの広告に独自の理論で見た事のない器具を使っているクリニックが多数載っていますが、もっとも安全で確実な方法はメスで包皮を切開する方法のみです。
早めに包茎の手術を終えれば、その後の亀頭の成長にも好影響になります。悩むよりも専門家に相談しましょう。