包茎って?

包茎の種類や特徴について

包茎というのはペニスの亀頭部分を覆う皮と関係のあるものであり、仮性、真性、カントンと大きく分ければ3つの種類の包茎があります。

仮性包茎は性交渉に悪影響の無いタイプのものであり、普段亀頭部が皮に覆われていても勃起時に皮が剥けるものですから、清潔にすれば衛生的にも性交渉にも問題が無いもので手術の必要が無いです。

真性包茎は亀頭部が覆われて皮を剥けないタイプであり、亀頭と皮の間に細菌が溜まりやすくて問題のある包茎と言えますし、カントン包茎は皮が剥けても戻ってこずに亀頭部を締め付けて血液が溜まってしまうというリスクがあるものですから、手術による治療が必要になり、包茎の種類や特徴を知っておく事で対策を取る事が出来ます。

包茎の種類に応じて対応する

包茎の種類に応じて対応を変える必要があり、仮性包茎の場合は手術では保険適用されず、真性包茎やカントン包茎は保険適用されるものです。

仮性包茎でも手術は可能ですが、これはコンプレックス解消を目的にして行うと言う方が多く、性交渉にも健康にも悪影響が無いと判断されて保険適用されないものになっています。

真性包茎やカントン包茎に関しては健康や性交渉に問題があるものですから、手術した方が良いと判断される包茎であり適切な対応を求められるものであり、保険適用される事になりますからすぐに治療を行う事が望ましいですし、特にカントン包茎の場合は亀頭部が締め付けられて危険な包茎ですから、即手術を行う事が求められる種類の包茎です。